結婚・婚活用語辞典

平服

平服(へいふく)とは、普段着る服、身なりという意味の言葉です。
ただしジーンズやTシャツなど本当の普段着ではなく、格式にとらわれない自由な服装という意味をもちます。
結婚式や挙式などの慶事の場合、タキシードやイブニングドレスではなく、かしこまった外出着を着用すると良いでしょう。

結婚・婚活用語

  

平服の関連サイト

平服について関連のある情報を提供しているウェブページを紹介。

披露宴の服装 / 結婚準備完全navi
ここでは招待された場合の披露宴の服装について、平服についてをご紹介しています。

 

平服に関するQ&A・クチコミ

平服に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

招待状に「当日は平服でお越しください。尚、御祝儀などのお心遣いはなさいませんようお願い申し上げます」というカードが同封されていました。いった …
来月、結納です。彼の母親が着物で来たいと言っていますが、できれば平服で参加してもらいたいです。
数名のうち1人の上司(50代男性)が結婚式披露宴に仕事用のスーツで来ました。「平服でお越しください」と招待状に記載していたためです。
両家の顔合わせについて質問です(長文駄文すみません)
友人の結婚式の服装について 来年の2月に高校時代の友人(女)の結婚式に招待されています。26歳女です。 黒のワンピース(画像参照)を持って …
法事用にこのワンピースはどうでしょうか?
ケチケチ婚、だめですか?
40代の結婚式ゲストの服装について
結婚式に招待していない友人が、出席すると言ってきました。(長文です)
会社の先輩に初めて披露宴に招待された22歳男性です。
11月末に、友人の結婚式があります。
奇妙なお葬式を見ました。参列者はだれも喪服を着ず、Gパンもありの完全な平服。