結婚・婚活用語辞典

黒引き振袖

黒引き振袖(くろひきふりそで)とは、黒地で引きずるほどの長い袖をした婚礼衣装のことをいいます。
白無垢よりも歴史は古く、江戸時代から武家の娘の婚礼衣装として用いられてきました。その後も昭和初期までは一般的な婚礼衣装として普及していました。
現在でも挙式・披露宴ともにふさわしい装いとされています。

結婚・婚活用語

  

黒引き振袖の関連サイト

黒引き振袖について関連のある情報を提供しているウェブページを紹介。

結婚式で和装を着る
ここでは、結婚式で着る和装の種類や和装選びのポイントについてご紹介しています。

 

黒引き振袖に関するQ&A・クチコミ

黒引き振袖に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

結婚式に招待され、行った先の新郎新婦のお身内の女性が振袖や留袖でなかった場合、招待してくれた友達とは今後のお付き合いをやめようとか、マナーが …
私の振袖は花嫁サンの黒の引き振袖を被るから、結婚式に着てはダメですか?
妹の結婚式に振袖を考えています。候補の振袖2枚がありますのでご意見をください。
結婚式での振袖の着用について
祖母の婚礼衣装を着たいのですが、黒留袖なんです。着たらおかしいでしょうか?着る場合どう着付けすれば良いでしょう?
受付を頼んだ友人が、ゴスロリ風の服装で来ることが分かりました。
披露宴入場で白無垢
2月に東京都内で結婚式を挙げます。
振袖を二つ持っています。どちらが良いですか?
妹の振袖の色…妹が一番目立っちゃいますか!?
晩婚ですが結婚式をします。
結婚式の衣装についてご意見をください。