結婚・婚活用語辞典

玉串奉奠

玉串奉奠(たまぐしほうてん)とは、玉串を捧げて礼拝をすることを指します。
玉串とは榊の小枝に紙垂(しで)をつけたもので、玉串奉奠を行うことは「この玉串に自分の心を乗せて神に捧げる」という意味が込められています。
玉串は神職から両手で受け取り、右手の親指を下、左手は支えるように受け、枝元が胸の高さになるように持ち上げて一礼します。
捧げる際は、左手で葉の部分を支えながら右の手のひらを返し、玉串を半回転させ、枝元を捧げる側に向けて捧げます。

結婚・婚活用語

  

玉串奉奠に関するQ&A・クチコミ

玉串奉奠に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

神前式での挙式を予定しています。義母が創価学会で玉串奉奠はできないと言われました。
神道の玉串について
カトリック信者の皆さんに質問です。
夏越しの大祓と茅の輪くぐりはどちらが先に齊行しますか、又玉串は二度奉奠するのでしょうか教えてください。
神道式葬儀について
父親に媒酌人を頼むっておかしいですか?
神社で祈祷する時、玉串奉奠をする人としない人の違いはなんでしょうか?
以前に、訪れた神社で、投句箱へ俳句を入れて来ました。 このたび、俳句を神前に奉納して、無病息災、家内安全、交通安全などの祈願するお祭りの案内 …
急ぎです。昇殿参拝と正式参拝と祈祷の違い
一戸建ての地鎮祭で地鎮の儀をしない事ってありますか?
歳旦祭(元日に天王が行う)を、個人の神社で斎主一人で行う場合は、祝詞、玉串奉奠の順序はどうすればよいのでしょうか?マニアックで申し訳ないです …
お祭りの時神主さんが「参列者代表玉串奉奠」と言ってましたよ。あれは間違いですか。お祝いにも参列者という言葉も使っても差し支えないのでは?