結婚・婚活用語辞典

アッシャー

アッシャーとは、キリスト教式の挙式で新郎の付添い人として新郎側に立つ男性のことを指すもので、一般的に新郎の兄弟、親族、友達の中から未婚の男性が通常3名以上で務めます。日本ではアッシャーと呼ばれますが、正式名称はグルームズマンとされています。
新郎と一番近しい男性がアッシャーの体表としてベスト・マンを務めます。
新郎がベストマン、アッシャーと入場し、ブライズメイド、フラワーガール、メイド・オブ・オナー、新婦の順番での入場が正しい順番です。
アッシャーは、新郎のそばに付き添ったり、受付をしたり、グローブやリングピローを預かるなどの役割を担っています。
アッシャーは結婚の幸せを妬んでやってくる悪魔の目を惑わせるために未婚の男性たちが新郎と同じような衣装を着るというヨーロッパの伝統に由来しているという説や、盗賊から新郎新婦を守るため、略奪愛から新婦を守るためなど様々な由来が諸説あります。

結婚・婚活用語

  

アッシャーに関するQ&A・クチコミ

アッシャーに関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

結婚式のリングボーイを成人の友人にやってもらうのは、おかしいことなのでしょうか? 現在、結婚式の準備を進めています。 挙式の選択がキリスト式 …
結婚式でブライズメイドをやった、または見たことのある方いますか?