結婚・婚活用語辞典

紋付羽織袴

紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)とは、結婚式で男性が着用する和装のひとつで、五つ紋の黒羽二重の羽織、2枚重ねの長着、仙台平または博多平の袴のことです。
現在、男性の和装第一礼装とされており、結納、結婚式、式典などで用いられます。長着は上が五つ紋の黒羽二重、下がグレーか茶色の羽二重となります。

結婚・婚活用語

  

紋付羽織袴の関連サイト

紋付羽織袴について関連のある情報を提供しているウェブページを紹介。

新郎の衣装選び
ここでは新郎の婚礼衣装についてご紹介しています。

 

紋付羽織袴に関するQ&A・クチコミ

紋付羽織袴に関連すると考えられるQ&A・クチコミを表示しています。一部不適切な情報が掲載される可能性もありますが、ご了承ください。

結婚式の衣装についてご意見をください。
新郎です。礼服(制服)を着たいのですが、新婦のどの衣装に合わせればベストでしょうか?
男性の結婚式の服装の質問です。
今年の10月に娘が結婚します。式の場所は外国の教会です出席者は親族だけです。
親族のみの写真撮影及び食事会の場合の服装について。
紋付羽織袴の下に穿く「ロングパンツ」について教えてください。
結婚式などで新郎が紋付羽織袴を着たり,新郎新婦の父親が
部下(新郎)の披露宴に出席する男性です。三つ紋色無地でよいでしょうか?
焦っています(><。) 結婚式の新郎の衣装(羽織の中の着物のみ)は購入するといくらぐらいか分かる方みえましたら教えて下さい!
友人の披露宴に着ていく和服について(男性です)