結婚・婚活用語辞典>ウェディングドレスかカラードレスかでめちゃくちゃ悩んでいます 力を貸してください。 毎日毎 …

結婚・婚活用語辞典

ウェディングドレスかカラードレスかでめちゃくちゃ悩んでいます 力を貸してください。 毎日毎 …

ウェディングスタイル に関するQ&Aを掲載しています。 ウェディングスタイルについての詳しい用語説明、しきたり、関連情報などは「ウェディングスタイル」をご覧ください。

化粧品クチコミ.jp

  

 

2014年06月19日 Q.質問
ウェディングドレスかカラードレスかでめちゃくちゃ悩んでいます 力を貸してください。 毎日毎日本当に悩みすぎて泣きそうです。 長くなりますがよろしくお願いします。 今度 神社で神前 式の後 ゲストハウスで披露宴を行います。 神前式では赤ふきの白無垢を着ます。 予算の都合上、2着までしか着れないので披露宴でウェディングドレスを着るかカラードレスを着るかで迷っています。 というか、カラードレスに決定したんです。 式まで3ヶ月。もうサイズ合わせも終えました。 あと1週間以内に振込みしなければなりません。 でも未だに「本当にこれでいいのか?」と迷いが消えません。 ご意見ください。 決定したカラードレスはモデルさんがプロデュースしたもので、結婚が決まる前からインターネットで見ていて気になっていたものです。 白地にカラフルな造花やレースがたくさんついている、華やかなものです。 彼にも「これが着たいんだぁ」ってずっと言ってました。 念願叶ってドレスショップに試着しに行きましたが、なんと着てみるとイメージが違いました。 もっと白地が多いと思っていて「ウェディングドレスとカラードレスを併用できるかな」と思っていたのですが、実物は色が多く入っていて、完全にカラードレスです。 強い色が多くて悪く言うと「ごちゃごちゃしてる」感じです。 色合いも好きじゃなくて… 私が好きな色は「ピンク・緑・青」なのですが、ドレスは「赤・オレンジ・黄色」メインです。 ただ、パーソナルカラーもそうですし、彼や他の人から見たら「赤・オレンジ・黄色」は私に似合う色です。 イメージにピッタリだそうです。 似合うのは似合うけど、「自分の好きな色」ではありません。 自分の好みか?似合う色か?どっちを優先すればいいの?と悩みました。 なんとなく和風を感じさせる色味なので竹林のある会場とはマッチしていて、披露宴は和モダンがテーマですがこのドレスも似合います。 ですがテーマカラーが難しいです。 自分の好きな色をテーマカラーにしたいなぁと想像を膨らませていましたが、終始このドレスを着るとなるとドレスに合わせたカラーコーディネートをしなければなりません。 装花を決めるにあたっても、この色合いだといまいちピンときません。 さらにこのドレスは2年ほど前に作られた物で、たくさん着られたのでしょう、やはり劣化を感じました。 シミはないですが、レースがほつれている、造花も下を向いていたり折れ目がついていたり… レースや生地の劣化は間近で見なければわからないのでいいですが、造花は目立ちます。 ドレスショップの方は「当日にはしっかりアイロンをかけてお花を開かせます、できるだけお花が前を向くようにピンで留めます」と言ってくれましたが、どこまできれいになるのか疑問です。 デザインが可愛くても安っぽさは否めません。 これらのことから、このドレスを着ても正直 心が踊りません。 「憧れのドレスが着れて嬉しい」と思えません。 これで20万超えです。予算は厳しいけどなんとかなります。 もう一つ同じショップで試着した真っ白なウェディングドレスがあります。 そちらはシンプルだけどディテールが凝っていて可愛く、スタイルが良く見えました。 Aラインですが大きく膨らまないので披露宴も歩きやすそうです。 そちらは8万円。予算はかなり余裕ができます。 ただ、彼は 「真っ白なドレスはゲストの印象に残らないよ」と言います。 確かにそうだと思います。 実際、今まで結婚式に行っても新婦がどんなウェディングドレスを着ていたかって覚えていません。 自分が着ても数年後は忘れてると思います。 それならインパクトのある華やかなカラードレスの方が良いと、彼は強く勧めてくれます。 つまり、カラードレスにするメリットとしては ・私のイメージに合う ・会場や和モダンのイメージに合う ・印象に残りやすい ・一応 夢が叶う ・彼はとても気に入っている なのですが、デメリットは ・自分が思うイメージと違う ・テーマカラーや会場装飾が限られる ・質が悪い です。 何度もこれでいいのか考えました。 でもその度、彼の意見が正しいんだと自分に言い聞かせてきました。 彼は結婚式について、こだわりの強い私のやりたいようにやらせてくれています。 そんな彼が強く意見してきた唯一のものですから、これに決めざるをえませんでした。 自分でも、どっちが正しいのか、どっちを選べば後悔しないのかわからなくて全然決められなくて、ついにここまで来てしまいました。 自分が着たい物がわかりません。 一度このドレスが嫌だと思ってしまったからどんどんネガティブになってしまっているだけかもしれません。 もうお金を振り込んだらキャンセルはできません。 今ならまだなんとか間に合います。 優柔不断で情けないですが、みなさまのご意見をお聞かせ願えればと思います。 どちらを選べば良いのでしょうか? どうか、アドバイスをください。 よろしくお願いします。

 

2014年06月20日 A.回答
この度は、おめでとうございます。 このほど、白無垢→ウェディングドレスで結婚式を挙げた者です。ドレスのお悩み、大変ですね。私も着物で同じような迷宮に陥ってしまい、お気持ちはよく解ります。 が、質問文をよく読み返してみてください。もう、そのカラードレス、「悩んでいる」なんていうレベルではなく、もはや嫌なんですよ。質問主様は、そのドレスを嫌っていて着たくないんです。その証拠に、ダラダラ回答を先延ばしにしていらっしゃる。自覚できませんか? 私の場合、様々なものを見て「これだ」と思った白無垢A が、彼にとってはごく普通に見えたらしく、より個性的な白無垢B を薦めてきました。衣装屋さんもその個性的な珍しい衣装を一押しだったこともあり、そして、元々私も個性的なものが好きだったこともあり、一旦は納得したのですが、決められませんでした。後から思えば、ピンと来ていなかったんですね。 で、2着の白無垢をキープしながら、更なる衣装を試着していましたが、その内に訳が解らなくなってしまいました。最後には女性の友人に見て貰って、白無垢A の方が良いとの言葉を貰って安心し、A に決めたという次第です。随分と周囲には迷惑を掛けましたが、気に入ったものを選ぶことができ、満足しています。 結局、衣装選びに難航するのは、自分の気に入ったものが、母親や新郎など信頼する重要な人から後押しを得られない場合に起こるんですよ。後押しが欲しいために質問しているのに、自分にとってはピンと来ないものを薦められるから、その両者のせめぎ合いにあって、決められなくなるんです。でも、そもそも男性は衣装のことなどよく解っていません。信頼できるとすれば母親でしょうが、その母親だって感性が若いわけではない。結局は、自分の気に入ったものを選ぶのが一番なんですよ。 質問主様は、思い描いていたドレスと実際のドレスは、色味も白の分量も違っていたんですよね?そのため、綺麗なものだと思っていたのに「ごちゃごちゃ」して野暮ったく見えるんですよね?ということは「これが着たいんだぁ」と思っていたドレスは幻だったんですよ。この世に存在しませんでした。例え、周囲に「似合う」と言われても、好みでもなんでもないドレスを「憧れだった」と言い聞かせて着る必要がありますか? 私はカラードレスをあまり芳しいと思わないので、白かカラーか?と問われれば、迷うことなく白いウェディングドレスをお勧めします。和装の場合は、白無垢も色打掛も黒引きも同格ですが、カラードレスは式服ですらありません。そもそも色ドレスに着替えるのは西洋には無い風習です。日本のお色直しの習慣を、ドレスにも適応した商用婚礼のテクニックで、あちらの方には「なんでわざわざ娼婦みたいな服を着るの?」と言われるほどの珍習慣です。宗教的・縁起的ないわれなどひとつもありません。花嫁衣装としては「思ったより白が多い」衣装ならまだしも、「思ったより白が少ない」ドレスは、避けた方が無難だと思います。 そこのところ、特に洋装では、やっぱり花嫁の着る白は、どんな色よりも圧倒的に華やかですし、幸福感がありますし、何よりも美しい。 先に白無垢を着ていて、カラードレスを色打掛の洋装版と捉えているのでしょうけれど、ウェディングドレスも着た上でのカラードレスならまだしも、それをすっ飛ばして、憧れていたわけでも無いカラードレスって、後々、後悔しませんか? ヨレヨレのお花。自分の憧れのドレスだったら許せるかもしれませんが、ピンと来ないドレスを着ていてお花がヨレヨレだったら、後々、取り返しのつかないほど悲しくなりませんか? ちなみに、彼の「真っ白なドレスはゲストの印象に残らないよ」なんていう言葉はどうでもよいです。「こだわりの強い私のやりたいようにやらせてくれる彼が唯一主張したもの」だとしても、ドレスこそ女性がとことんこだわるべきもので、参考意見として聞くにしても、新郎の意見<<<越えられない壁<<<新婦の意見、なのですよ、衣装だけは。 また、パーソナルカラーもあてになりません。私は「冬」と診断されましたが、選んだウェディングドレスは「春」系のアイボリーっぽい白でした。でも、とても気に入っています。 最後に、通常、お金を振り込んだ後の変更は効かないといっても、8万→20万に金額がアップするならば、融通は利いて貰えそうな気がしませんか?逆なら無理でしょうが、金額が増えるのなら交渉の余地はあるかもしれません。そこを式場・衣装屋さんに確認の上、お決めになってはいかがでしょうか。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。