結婚・婚活用語辞典>婚約中。限界かも。(長文です。) 初めまして。私は24歳の女性です。約1年間交際させていただ …

結婚・婚活用語辞典

婚約中。限界かも。(長文です。) 初めまして。私は24歳の女性です。約1年間交際させていただ …

婚約中 に関するQ&Aを掲載しています。 婚約中についての詳しい用語説明、しきたり、関連情報などは「婚約中」をご覧ください。

化粧品クチコミ.jp

  

 

2013年08月07日 Q.質問
婚約中。限界かも。(長文です。) 初めまして。私は24歳の女性です。約1年間交際させていただいた1つ年上の彼と婚約させていただきました。挙式は来年の春に行う予定です。 既に結納等は済ま せてお り、あとは入籍・挙式ですが、最近マリッジブルーなのか精神的に辛くなってしまいました。 私はいつも夕飯の時に炊きたてのご飯や作りたてのおかずを食べてもらえるよう彼の帰りの時間を聞いています。(彼は営業ですが、終わり時間が不規則な仕事です。)が、いつも「○時には帰る!」と言いつつ、結局その時間に帰ってきたことはありません。私も仕事だから仕方ないと思いつつ、なぜ約束した時間を守らないのか一度聞いてみたところ、それは俺の中で大事じゃない約束・破ってもいい約束だと。私からすれば「まだ分からないから分かったら連絡する」の連絡1つくらいしてくれたらと思いますし、約束は約束。守る気ないなら最初から約束なんかしないで!と思います。 そして、事件が。その日は、彼が彼の友だちの結婚式に参加していました。その日も結局約束の時間には帰って来ませんでした。で、帰ってきた瞬間に彼が大泣き!素面です。聞けば聞くほど意味がわからないのですが。(以下、まとめ) ①俺はこんな約束も守れない。守ろうとしているが、その時は大丈夫だろうと考えている。 ②時間に関してだけでなく、いかなる約束も守るか破るかは自分の価値観。 ③俺はそういう人間。昔から自分勝手で誰もついてきてくれない。 ④そんな自分を変えたい!みんなに好かれたい。 ⑤でも俺なりに頑張った。辛い。だから変えるつもりはない。 で、彼の結論は「これから時間の約束はしないでおこう」です。 私は、 ①まず、約束は約束。その大小ではない。 ②悪いと思うならまず一言謝罪。 ③結局、自分自身が自分に甘い→だから仕方ないって甘えてるだけ。 というと、 「そんなの分かってる!うるさい!」と叫び泣かれました。 私も彼が仕事で大変なのは分かっているので、時間を守らないことは別として人との約束に対する彼の考え方に不信感が募ります。 また、この一件以外にも自分が悪くない確信があれば何があっても謝らない等。 毎回、彼が「もういい!」となるため真剣な話し合いが全くできません。 心配なのでメンタル系の受診も勧めましたがら俺の体は俺が一番分かる!と。 私がおかしいのでしょうか??彼の考え方が理解できません。 彼への対応は?客観的な意見をお願いします。

 

2013年08月13日 A.回答
人の価値観というのは、本当にそれぞれで計り知れないものですね。 それまで育ってきた教育を含めた環境や、文化、宗教、経験すべてがもとになっているのですから、バックグラウンドが異なれば当然といえば当然。 ですから、相手の価値観に対して、人の命にかかわることは別ですが、良いとか、悪いとか、正誤を決めるものではないと思います。 ただ、その方と家族になろうとするときに、価値観を『理解できない』というのは大きな壁になりますよね。 生活を共にするのは勿論、ライフイベント(出産、育児、退職、介護、障害、入院、葬儀…)を共にするということですし、 その度に話し合いが出来なかったり、互いに歩み寄れない状況ではこと運びません。今以上に相当な負担を覚悟しなければなりません。 まだ結婚前で、出産や育児のことを考えては居らっしゃらないかもしれませんが、あなたと彼が今のままのお考え(価値観)で一緒にに子育てをしなければならなかったら、子どもはどうなるでしょう?その子どもが大きくなってゆくのをみながら、あなたはどう感じるのでしょうか?約束を守るということを子どもに理解させる最初のコミュニティーは『家族』です。 あなたと彼が、人を育てる礎となっていくことが理想ですよね。 勿論、完璧な人なんてそうそういないので、理想にむかって努力したり、歩み寄る姿勢を見せていこうとすることで、次第に『夫婦・親子』という家族関係を築いていく作業がとても大切で、結婚後、いくつもの試練と共にその機会が待っています。 私自身の価値観という尺度で彼を測れば、自分に害がありそうな人だな、、不快感を感じないではいられないのですが、 私は他人ですからそれでもいいのです。関わらなければ良いわけです。 でも、あなたはそういう彼と家族になろうとしているのですから、他人に彼の価値観の正誤をお訊ねになるより、 ご自分の人生に彼がどう関わるのか、自分が彼にどう関わっていくべきかを考える時期にあるのではないでしょうか? 『人(他人)と過去は決して変えられません。変えられるのは自分自身です。』 理解し難いことに対して、相手の価値観やそれに伴う行動を正そう(自分の価値観に見合ったステージまで引きこもう)というのは至極困難なことです。 あなた自身が、彼の価値観に対して、どう受容するのか、判断するのか、そもそもその努力をしたいと考えるのか… あなたの価値観に問いてみるべきことだと感じます。 婚約をとりやめることは、入籍するまでならば簡単です。(←経験しています) ですから、じっくりとご自分の思いや、彼の心情と対話をして、互いのこれからをイメージしてみてはいかがでしょうか? 質問のご本意にそぐわない回答かもしれませんが、参考として頂けましたら幸いです。 追伸: 結婚したら、『え?』っということが山ほどあります。 ですが、尺度の違う価値観を持った二人が生活するのですから、それも当然です。 でも、お互いにそのギャップをわずかでも埋めていこう、受容していこうと歩み寄ることが出来ると、 事態は変わらなくても、気持ちは追い込まれることなく、暮らしていけるもののようです。 白黒つけることの出来ないことの方が、この世の中多いですからね。
 
Webサービス by Yahoo! JAPAN  
このコンテンツは、Yahoo!知恵袋より自動取得しています。