結婚・婚活用語辞典

筥迫

筥迫(はこせこ)とは、和装での結婚式で女性の胸元に差し込む刺繍と房のついた箱状の小物のことを指します。
胸元から少し覗かせるて用いる筥迫は、江戸時代には武家の婦人達が鏡や香水、懐紙などを入れて使っていたもので、現在のポーチのような役割を担っていました。
婚礼衣装の小物として用いられるようになってからは装飾としての意味合いが強くなり、現在でも和装の婚礼に欠かすことのできない小物となっています。

結婚・婚活用語