結婚・婚活用語辞典

綿帽子

綿帽子(わたぼうし)とは、和装での結婚式で文金高島田と呼ばれる髷(まげ)の上からかぶる白い布のことを指します。袷仕立ての白絹を袋状にしたもので、すっぽりとかぶることができます。
角隠しの場合は白無垢だけでなく色打掛などでも着用されますが、綿帽子の場合は白無垢の場合のみでしか着用されません。
江戸時代には防寒の目的で着用されていましたが、次第に婚礼衣装としても用いられるようになりました。綿帽子には、「結婚するまでは新郎以外の男性に顔を見られることがないように」という意味が込められています。

結婚・婚活用語