結婚・婚活用語辞典

誓いの言葉

誓いの言葉とは、結婚する二人が永遠の愛を誓うための言葉です。
宗教や挙式スタイルによってその言葉は異なります。

キリスト教式の場合
「その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?」という神父(牧師)がの言葉に「誓います」と宣言します。
または「新郎(新婦)となる私は、新婦(新郎)となるあなたを妻(夫)とし、良いときも悪いときも、富めるときも貧しきときも、病めるときも健やかなるときも、死がふたりを分かつまで、愛し慈しみ貞節を守ることをここに誓います」と誓うこともあります。

神前式の場合
「誓いの言葉」は「誓詩奏上(せいしそうじょう)」と呼ばれます。
誓詩を新郎新婦が読み上げることによって神に結婚を誓ったということになります。
誓詞には夫婦として守るべきことが古語、または現代語で書かれており一般的に定型文が用意されていますが、希望すれば自分たちで考えることが可能な場合もあるようです。

人前式の場合
人前式では文例などはあるものの決められた誓いの言葉はなく、自分たちで考えることができます。二人らしいオリジナリティのある言葉を考えるカップルが多いようです。

結婚・婚活用語